Dance on the Floor

ダンスシューズのグリップ力は強い

グリップ力の強さが求められる局面は数多くあるために、一般的な考えが及ばない部分にまで浸透しています。
ダンスは、その際たるものの一つと言えます。表現者が好んで履くシューズには、強いグリップ力を生じさせる仕組みがあります。シューズの底に張られている弾力性に富んだ素材は、あらゆる場所において滑り止め効果を発揮します。
ダンスのパフォーマンスを大きく左右するのは、グリップ力を高めるシューズの素材の質と言っても過言ではありません。大げさすぎるほど摩擦係数が高い素材は好まれる一方、それが組み込まれたシューズの価格は安くない傾向が強いです。
そのため、ダンス初心者はグリップ力が低いものを履いて基礎練習に着手します。パフォーマンスが向上してきた頃合いを見計らって、ワンランク上の一足を入手するというわけです。
ダンスに関わる全ての表現者が一様に同じものを履くことはありませんから、鑑賞中に足元に目を向けると新たな発見が得られます。

ダンスのシューズ選びについて

ダンスを始めるにあたってシューズ選びは、とても重要になります。同じ期間、同じ内容の練習をしていてもダンスシューズによって上達の仕方に差が出ます。
ダンスに向かないシューズでは、ステップやコツが掴みにくいです。その原因が運動神経ではなく、靴の方にあったとしたら複雑です。スポーツ用途としてだけでなくタウンユースとしても一般に普及しているランニングシューズは、初心者がダンスを始めるにあたって選んでしまう傾向がありますが、変則的・瞬発的な体重移動には向きません。
おすすめは、スニーカーです。足の裏が自由に動くようになっていたり、足にフィットするように作られています。ストリートを踊る場合にはコート系のスニーカーが良いです。靴底のゴムの部分が厚くてしっかりと安定していて、つま先の部分が丈夫であることが重要です。
昔から広く使用されているので、ヒップホップにも適しています。モダン系の場合は、裸足または裸足のように見える紐上の靴を履いて踊ることもあります。