Dance on the Floor

文化祭でのダンスは曲選びが大事

文化祭などのイベントで、ダンスを踊りたいという人は多いようです。集まってコツコツと練習する日々は大変かもしれませんが、参加者が一丸となって、楽しみながら踊るダンスがびしっと決まれば、忘れられない思い出をつくることができるでしょう。
友達との絆も深くなりますし、うまく成功すれば拍手喝さいを浴びて、一気に注目と賞賛の的になれるかもしれません。
文化祭などでのダンスを成功させるために大事なことは、まずは練習に練習を重ね、当日に最大限のパフォーマンスを出せるようにすることです。目に見えない部分でしっかり頑張ってこそ、晴れの舞台で輝くことができます。そして、曲目選びは、成否を左右する重要なテーマです。みんなが気に入った曲で踊ることができれば、練習の熱の入れようも違います。
ダンスミュージックは様々なものがありますが、自分達に合う、最大に盛り上がれるようなものを選びましょう。
若い世代だけでなく、先生方や、年輩の観客でも楽しめるようなミュージックは色々とあります。まずは情報収集をして、色々な人のおすすめ曲を聞いてみるといいでしょう。

ダンスの曲はノリが良くてとてもクール

ダンスの曲というと非常にアップテンポなものが多く、聴いていて今すぐにでも踊りたくなるものが多いです。
構成自体はかなり単純ですが、ノリが良くてとてもクールなため、日本全国にある多くのクラブで頻繁に流れています。そのアップテンポなミュージックに合わせて体を存分に動かせるため、心の底から楽しい気分に思わずさせられてしまう方もきっと多いはずです。
こういったダンスの曲を踊るコツは、動作についてあまり深く考えないことです。我々一般人はプロではありませんし、無理に格好良く踊ろうとすると逆に格好悪くなって目立ってしまい、周囲に対して恥をかいてしまうケースが非常に多いのです。
もし自分の連れが何人もいると、自分だけではなくその人たちまで惨めな思いをさせられてしまうかもしれません。だからこそ曲に合わせて感じるままに体を徐々に動かしていき、なるべく周囲と溶け込むことが大切です。
また周りのダンスが上手そうな人のまねをするなど楽しみ方はいくつもあるので、恥ずかしがらずにぜひ踊ってみましょう。